家を借りる際に必要になってくる初期費用にはどのようなものがあるのか?

賃貸契約時の初期費用のいろいろ

家を借りるときには、物件をいくつか見た後で契約書についての説明を不動産仲介会社の担当者からしてもらい、内容を確認して捺印をします。その時に色々な費用の説明がありますが、実際にはどのような初期費用がかかるのでしょうか。
家を借りる地域によって慣習があり、費用の内訳や名称が違う場合がありますが、一般的には敷金または保証金、礼金、不動産仲介会社に支払う仲介手数料、火災保険料、保証会社に加入を義務付けられた物件では保証会社に支払う保証料、鍵の交換費用、などです。あまり聞いたことがないかもしれませんが、入居時に除菌料?のような料金も請求されそうになったこともあります。このように初期費用の項目はとてもたくさんありますので、どれが本当に必要なものなのか見極める必要がありますよ。


初期費用は交渉次第でなくなることもある?

引越しするにもお金がかかりますので、できれば初期費用の負担が軽いと有難いものですが、果たしてどの部分が交渉できる費用なのか迷ってしまうかもしれません。 敷金や保証金などは交渉は難しい可能性があります。また、火災保険なども自分のためには加入しておいたほうが良いので外すのはあまりお勧めできません。仲介手数料も交渉できそうですが、不動産仲介会社の心証が悪くなりそうです。それでは保証会社の保証料についてはどうでしょう。どうしてもその物件に入居したい場合には避けられないかもしれませんが、交渉はできると思います。交渉ができるのは礼金です。貸主が入居してもらいたいと思ってくれたら免除になるかもしれません。鍵の交換などについては必要ないと思えば払う必要はないですし、除菌なども必要がなければ断っても大丈夫です。